難しいよね、ライダーベルトの操作・・・

仮面ライダーなどの変身ベルトって、
だいたい、対象年齢3歳以上と言うものがほとんどだと思います。

指を挟んだり無理な使い方をして壊してしまったり・・

と言う心配はもちろんですが、それ以前に、
対象年齢前だと上手に使って遊べないと言うのが大きいかと思います。

長男カイが初めてライダーベルトを欲しがったのは1歳半頃。

仮面ライダードライブのベルトだったのですが、
これがまた複雑な操作でして・・・

シフトブレスという腕にはめるアイテムとベルト本体が赤外線で
通信をして発動するというもの。

通信がうまくいくように角度や向きがあっていないといけないし、
他にもスイッチを回したりしないといけないので
1歳のカイには無理かな~と、
同じ仮面ライダードライブの別タイプのものを購入したんです^^

 

それでもベルトは自分で装着できないし、
ベルト本体にシフトカーと呼ばれるアイテムを
スライドさせながら本体に装着させるのですが、
これがまたなかなか子どもには難しい(><)

結局ほぼ大人がやってあげていました!

それが、次男になるとこうも違うとはっ!!

さすがにベルトを巻くことは自分では出来ませんが、
それをしてさえあげればあとはケイは自分で出来てしまいます!!

カイだけではなく、一つ年上のお友だちも当時できなかったので
難しいはずの操作が1歳のケイには出来ています^^

ベルトをはめてあげると自分で電源スイッチをつけ、
シフトブレスを腕に装着し、シフトカーを選んで
スライドさせてはめる。

ベルト本体のスイッチを回し、音が鳴っている間に
シフトブレスにはめたシフトカーをガチャガチャと
起こすような動作をさせるという一連の流れ~

あざやかです(*´∇`)*゚*☆*゚*★

さすが次男!